海外留学で大切なこと

これから海外留学へ向かう学生の方は、「ビジネスで使える英語を学ぶぞ」と意気込んでいる方が多いかと思いますし、初心者でも留学で英語をペラペラになぞと意気込んでいる人もいると思います。
しかし実は、英語力よりも大切なことが留学にはあります。
それは留学先のアメリカ人や海外留学生との「つながり」です。

もしもあなたが今後海外で仕事をしたいと考えているのなら何よりも「つながり」を重視してください。
なぜなら海外では往々にして横のつながりで職を得ることが非常に多いのです。

加えて、いくらビジネスで使える英語を学んでも現地学生のネイティブな英語に近づけることは稀です。
確かに英語を学習することは非常に重要ですが、海外インターンシップや海外留学ではそれよりも大切なことがあるということを意識しましょう。

さらに言えば、海外インターンシップや海外留学で得た「つながり」がネイティブ英語に触れる機会を与え、英語力の向上につながります。

これから海外インターンシップや海外留学に向かう学生の皆さんは、英語力はもちろん周囲とのコミュニケーションを大切にしましょう。

学校のクラスメイトと友達になったらFacebookで友達申請する、積極的に外国人の友人を作り、世界について語り合う、ホームステイをしてアメリカの生活を垣間見るなどのことが、後々大きく役に立ってきます。ホームステイ先にはお土産を持参し、良い関係を最初に築くのも重要だと思います。

そんな一見小さなことでも、人間関係を構築していくためには大切にして欲しいと思います。